人気ブログランキング |

東京女子大学 同窓会 埼玉支部-お茶を楽しむ会-


【報告】2019年 初釜

1月30日(水)、恒例の初釜が恭慶館(北浦和)であり、15名が今年最初のお茶の会を楽しみました。

午前中に畳の間で濃茶を、午後はテーブル席の表広間に移り、懐石弁当と薄茶をいただく趣向でした。いつものような、外からすぐに茶室に入るのと異なり、奥の玄関へと続く小道を歩くのが新鮮に感じられました。
茶室の隣の控えの間では、洋服の参加者が白い靴下を履くこともいつもと違います。この日和服だったのは先生を含めて3名。正座用の補助椅子や小さな椅子も用意してあり、正座が難しい方も楽しめるように心遣いされていました。
a0146912_13053573.jpg
床の間には炭の載った三宝、『春風入寿杯(シュンプウジュハイニイル)』の禅語が書かれた掛軸、初釜定番の椿と結び柳の他に、早咲きの紅梅も添えられた竹の花入れ。
a0146912_13020449.jpg
床脇には、干支の猪の香合がちょこんとお座りしていました。
a0146912_12453782.jpg
主菓子は、割ると五色の餡が目にも楽しい蓬莱饅頭。
a0146912_13070057.png
花びら餅は裏千家で、こちらは表千家の初釜で使われるとのことで、流派に関係なく楽しめるのもこの会の良さです。
3人一組で回し飲む濃茶の作法を尋ねたりしながら、会は和やかに進みました。

一息いれて、表広間へ。
a0146912_13011762.jpg
日本酒が振舞われた後、懐石弁当と温かいお吸い物ですっかりくつろいだところに、薄茶と干菓子が登場。
琥珀糖、焼き菓子、かんぴょうの砂糖漬け。こちらは、宇都宮名物で『友志良賀(ともしらが)』というそうで、新年におめでたいですね。

最後は空くじなしのくじ引きで、お抹茶椀が当たった方も。
全員が猪柄の懐紙をいただき、晴れやかな気分で共慶館を後にしました。

次回の「お茶を楽しむ会」は6月開催の予定です。
この会は、流派や作法、服装などを気にせず、お茶に親しみ、楽しむのが目的ですので、ご興味のある方はぜひ気軽にご参加くださいませ。

by twcu-ocha | 2019-02-13 13:08 | 記事

<< (次回)初夏のお茶を楽しむ会 ...      (予定)冬のお茶を楽しむ会 >>

同窓生と楽しくお茶を
by twcu-ocha
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧