人気ブログランキング |

東京女子大学 同窓会 埼玉支部-お茶を楽しむ会-


【報告】秋のお茶を楽しむ会


  1028日(水)、北浦和の恭慶館で「秋のお茶を楽しむ会」が開かれました。

 6月に予定していた「初夏のお茶を楽しむ会」が新型コロナウィルスの影響で取り止めになったため、1月の初釜以来、9か月ぶりのお茶の会となりました。

コロナ対策として、入室前の手指の消毒はもちろんのこと、4人掛けのテーブルに2名、向かい合わないよう斜めに着席し、お茶やお菓子をいただく時以外は、終始マスクを着用することを徹底しました。

【報告】秋のお茶を楽しむ会_a0146912_16161081.jpg

【報告】秋のお茶を楽しむ会_a0146912_16162946.jpg


 床の間の掛け軸に書かれた『楓葉経霜紅』は、楓の葉は霜を経てより紅くなる、という今の季節にぴったりの言葉ですが、コロナ禍で困難な状況にある私たちにもあてはまるように感じられました。高取焼の花入れに飾られたのは、白い貴船菊(秋明菊)と藤袴、黄葉途中が美しいクロバナロウバイ(黒花蝋梅)でした。

【報告】秋のお茶を楽しむ会_a0146912_16165064.jpg

【報告】秋のお茶を楽しむ会_a0146912_18132625.jpg

主菓子は金沢の老舗、森八の『初霜』。今回は、容器に入った状態で配られました。

初霜が降りた地面に見立てた黒漉し餡を割ると、緑色の草小倉あんが現れました。

【報告】秋のお茶を楽しむ会_a0146912_00294784.jpg


【報告】秋のお茶を楽しむ会_a0146912_00430544.jpg

茶碗や先生がお召しの帯などからも秋を感じられます。


【報告】秋のお茶を楽しむ会_a0146912_00291891.jpg

【報告】秋のお茶を楽しむ会_a0146912_00365816.jpg


全員がお茶をいただいた後、今回は、一人一人に抹茶の入った茶碗と茶筅が渡され、自分でお茶を点てることに。経験者も未経験者もその場で真剣に茶筅を振り、自己責任でもって(?)、おいしくいただきました。


【報告】秋のお茶を楽しむ会_a0146912_00292745.jpg


最後に、香木の香りを聞く(聞香)のひとときがありました。

お茶の世界で名残の月と呼ばれる10月は、風炉の時期に使った香木の残りを2,3種集めて香合に入れる「寄せ香」という楽しみ方があるそうです。見よう見まねでしたが、伽羅や沈香がおりなす繊細な香りを堪能できました。


【報告】秋のお茶を楽しむ会_a0146912_00470789.jpg

次回のお茶を楽しむ会は、2021127日(水)を予定しています。

詳細は後日、お知らせいたします。ぜひ、ご参加ください。


by twcu-ocha | 2020-11-08 01:08

<< 【お知らせ】初釜のお誘い      【報告】2020年 初釜 >>

同窓生と楽しくお茶を
by twcu-ocha