東京女子大学 同窓会 埼玉支部-お茶を楽しむ会-


<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧



お茶を楽しむ会(女子大流)

a0146912_0264524.jpg

 3月26日(水)、本年度最後の「お茶を楽しむ会」には計16名が出席、まずは恒例となったKさんのお香で会が始まりました。今回は「伽羅」に加えて珍しい「羅(ら)国(こく)」というお香を聞き、ほのかな香りにうっとりとなったところで、お茶のお手前が始まりました。
ただし、今回は裏千家の「香付花月」という遊びをすることに・・・。これは、江戸千家ではやり方が異なっており、表千家にはない遊びとのこと。本来はその日に聞くお香にちなんだ俳句(あるいは短歌)を、花月でお手前をやっている間にひねり出し、あとで披露するものとか。本来のやり方はともかく、今回は女子大流で自由にやってみようということになり、先生が3服お茶をたててくださっている間に、春にちなんだ俳句または短歌を作ることになりました。

全員突然のことにびっくりはしたものの、そこはさすがに女子大の皆さん、できない場合はパスもありだったにもかかわらず、全員が俳句か短歌をそれぞれ提出したという、まさに女子大卒業生の皆さんのたしなみの深さ、その臨機応変さが実感されたひとときとなりました。「さすが」です。

ご参考までに以下にそのときに詠まれた俳句8句、短歌7首を記します。

(俳句)
玉椿ほころぶ頃や一人立ち(4票)
春らんまん桜こぶしが咲ききそう
香入るる手元に春の日ざしかな
国宝のおうな小さく春うらら
福袋上を女の手が泳ぐ
一碗の抹茶に午後の光満つ(3月26日花開くときに)
逢う電話かけて眩き花の巷
春の子等光の中に鳩を追う

(短歌)
春の日に心なごめる一服は 型にはまらぬ女子大流(3票)
にぎやかに少女のごとく話(かた)らいて 桜日よりのうららかな佳き日
春の日に梅か桜かしれねども そよ風にゆれ心なごます
さくら散りて逝きたる母に合掌す 健やかな身我に与へり
長屋門鶴は舞うらん保田の海 いざ鎌倉の遠鳴りをきく(保田の友人に招かれて)
柳瀬川土手に咲きふる桜花 見上げる顔に笑顔あふるる
見渡せば柳桜をこきまぜて 都ぞ春のにしきなりけり(素性法師、古今集)

全員で好きな句あるいは歌を選んだところ、
「玉椿ほころぶ頃や一人立ち」に一番多く票が入り、
次が「春の日に心なごめる一服は 型にはまらぬ女子大流」となりました。
一応賞品も授与され、雅な遊びも幕となりました。

 全員、お茶を2服ずつ頂き、春らしい彩りの主菓子と干菓子を楽しみ、思いもかけず作句あるいは作歌の時間を楽しむことができました。

なお、念のためですが、毎回短歌や俳句を作るというわけでは決してありませんので、どうぞご心配なく、どなたでもお気軽に参加くださいますよう、お待ちしています。

次回は7月に開催の予定です。(KK)
[PR]
by twcu-ocha | 2008-03-26 23:27

    

同窓生と楽しくお茶を
by twcu-ocha
最新の記事
(次回)お初釜
at 2017-12-16 22:22
(次回)お茶を楽しむ会
at 2017-11-04 11:00
(次回)初夏のお茶を楽しむ会..
at 2017-06-09 00:10
お初釜のお知らせ
at 2017-01-10 22:42
9/18(日)東京国立博物館..
at 2016-09-06 00:12
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧